宇野港ポウル
ドリラー&プロボウラー 大須賀充さん
  永石スポーツ
主人 永石清二さん
手に合ったマイボールを投げて欲しくて
7,000人の手と指を見てきました


マイボールの指穴を調整する人間をドリラーと言います。「なぜマイボールだと曲がるの?」という質問を受けますが,まず,ボール自体が特殊な素材でできています。また重心の微妙な調整により曲がる潜在能力を生むことができ、その能力を最大限に引き出すことがドリラーの技術なのです。お客様に合うボール作りや投げ方のアドバイスでスコアアップのお手伝いをしています。興味のある方はお気軽にご来場ください。手のひらや指の長さを測り、関節の固さを触って手指の癖もお客様ごとにシートに記録してあります。手に合ったボールなら、上達も早いですよ。

捨てる前にお持ちください
修理して大切に扱えば道具は長持ちするものなんです


野球を姶めた子どもが球を上手く捕れないのは、グローブのせいだったりするんですよ。革が硬過ぎて全然手になじんでないんです。うちは、グローブはオイルを塗って叩いて軟らかくし、手になじむ状態にしてからお渡しします。紐を締め直して反りやゆるみを調整すれば、もっと球が捕り易くなる。グローブでもスパイクでも、道具は修理すれば長持ちするし、なじんで使いやすくなるもの。大切に、大事に扱わせていただきます。

宇野エリア 店舗 逸品 玉エリア 店舗 逸品


ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル
レストランサンセット主任 片岡賢一さん
  宝石・時計カワタ
米国宝石学会鑑定士 河田 耕一さん
地元の方にもこの海の景色を楽しんでいただけるような
おもてなしの心を身に付けたいですね



当レストランの看板、ランチバイキングには50代、60代のお客様が少なくありません。その年代の方達に恥ずかしくない言葉遣いできちんとした対応ができるよう、おもてなしの心を磨いていきたいですね。お客様とごく自然な感じで挨拶を交わしたり、料理やワインのお話ができるようになるには、まず笑顔でおもてなしする心構えをしっかりと身につけることが肝心だと思っています。

「ジュエリーを身につけた瞬間の
お客様の笑顔が、一番のたからものです」


宝石学の国際資格を持つ河田さん。試験は全問正解が合格ラインなのだそう。「全問正解して初めてスタートに立てるのが私達の仕事。石の真贋はもちろんデザインから仕上げまで、死ぬまで勉強だと思っています。イタリアには"ジュエリーとピッツァは行きつけの店を持っている"という言い方があるんですが、お客様がジュエリーをもっと身近なものに感じてくださるような提案をしていきたいですね」。豊富な知識とジュエリーに対する溢れんばかりの愛情が、多くのお客様の信頼につながっているようです。

和田・渋川エリア 店舗 逸品 玉エリア 店舗 逸品


ダテ薬局玉店
ロズレイスペシャリスト 横山 美鈴さん
  ミルクパーラー
パティシエ 伊藤 嘉浩さん
「中からも外からも美しくなっていただきたいから、
カウンセリングにはじっくり時間をかけます」


「お肌を触っていると、お客様の体調までわかりますので、エステの後に漢方やサブリメントのご紹介もさせていただいております。当店は薬局の中のエステサロンですから、その良さを活かし、身体の内側からもサポートできるのが特徴ではないでしょうか」。横山さんのおすすめはリンパの流れに沿ったデコルテのオイルマッサージ。「心底くつろいでリラックスしていただけると思いよす」。経験に奢らす「もっとお客様に納得していただきたい」と肌診断機も設置。横山さんの手の美しさに、プロの無言の矜持が現れていました。

「この素材を組み合わせたら、どんな味がするだろうかと、
イメージするところからお菓子作りは始まります」


東京で6年半修行。ラスト2年は四谷にある「オテル・ド・ミクニ」でスー・シェフ(副製菓部長、シェフの次のポジシコン)たった伊藤さん。「素材の組み合わせから昧をイメージし、食感にこだわるのが僕流です。実力派としての経歴に、もうひとつ達った経験も積みました。「台風による水害の際、再開を願ってくださるお客様の存在には本当に支えられました。お客桧が望まれるものを以前より強く意識したお菓子作りに力を注ぎたいですね。」若きパティシエに洋菓子ファンの期待が集まっています。


玉エリア 店舗 逸品 築港エリア 店舗 逸品


ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル
洋食料理長 石川 勝幸さん
 
「料理はレシピでなく舌。若いスタッフには
自らの感性を磨いてほしい、と宿題を出しています」


『合鴨のコートレット』は、石川シェフがダイヤモンドリゾート・ハワイ総料理長時代、カナダ&アメリカコンテストに出場し、第3位を獲得したオリジナル料理。「フレッシュチーズと合鴨、自家製のトマトソースの絶妙なコンネーションを昧わっていただきたいですね」。企画力を備えた料理長としてスタッフの育成にも力を注ぎ、「本格的な昧だけ追求していても、お客様のニーズにはお応えできません。プラス、いかに新しいものを提供し、お客様に喜んでいただけるか。その課題に皆で取り組んでいるところです」。

 
和田・渋川エリア 店舗 逸品