毎年8月から、子供も大人も 秋祭りを目標に練習に励んでいます

昭和初期まで盛んだったという西田井地の獅子舞。20年前に「子供会の世話が終わった年代の親 たちが集まって盛り上がり」伝統を復活させた。 秋祭りには西田井地地区の各家を廻り、三番叟と 獅子舞を披露している。子供も三番叟を舞うのが特徴だ。運営担当の三宅さんは面芸でひょっとこも演じる。「大変だけど、根がお祭り人間じゃから」 (笑)。西田井地の地域力に、三宅さんたち保存会の活動は欠かせない。

みやけ家電 三宅次郎さん
西田井地獅子舞保存会 運営担当




  正調『 か っ か ら か 』を 伝え、 残していきたいですね

太鼓のリズムだけで口説き踊る正調“かっからか”。『玉野まつり踊り大会』でも奥玉連の動きは違うと評判が高い。代表を引き受け10年以上。 盆踊り、秋祭・・・各地の行事で声がかかり「たま子ども楽級で小学生にも教えています」。地元の盆踊りには何百人という参加があり、「確実に伝わってきているなぁ、という手応えが嬉しいです」。そ れが励みで月3回の練習も苦にならない・・・「い やぁ、商売のほうが副業で」(笑)。

谷本電機 谷本一市さん
奥玉地踊保存会 代表




  10年先、20年先、長い目で見た まちづくりのお手伝いをしていきたい

玉野YEGが発足して20周年。節目の年に会長を 務めることになった。「参加できる場が広がり、い ろんな団体の方と知り合えるのは有り難い経験 です」。港フェスティバル、玉野まつり、マリン大使 など玉野YEGが長年関わっている事業は多い。 「先輩諸兄が残した実績を、これからのYEG活動 に生かしていけるか」が課題だと襟を正す。だから こそ「長期ビジョンの発想で、夢を持ち、少しでも 我が町玉野のお役にたてたら...」。

快住工房(三宅建材) 三宅利司さん
玉野商工会議所 青年部(玉野YEG)会長